専門家と一緒なら安心

おじいさん

バリアフリー化などの介護リフォームは経験豊かな住宅建築の専門家に相談することがベストです。住宅というのは、非常に複雑な作りになっています。
まずは安全であるということが大前提ですから、住宅ありきです。介護だけでも住宅だけでもなく、両方に精通していることが大切です。

また、介護や育児の経験のある人であれば、より親身になって現実的な提案をしてもらえる可能性が高いです。出来る限り、良い提案を行ってくれる専門家を探すとより良いリフォームが行えます。

介護リフォームとは何か

古いベッド

住宅のリフォームを行う場合、考えたいことは将来のことです。高額な費用をかけて行うのですから、介護リフォームも視野に入れておくことが必要です。介護リフォームとは、家族の誰かが介護が必要になった場合に、介護が行いやすい環境を整えておくことです。

また、介護が少しでも楽になるように介護される人が自立出来る環境を整えることでもあります。
具体的には、玄関や出入り口の段差解消、手すりやスロープの設置などのことを言います。

誰のためのバリアフリーか
ただ、介護リフォームは具体的にどのように行ったらいいかということは、実際に介護を行う、あるいは介護を受ける立場を知らないと想像もつかない場合がほとんどです。どこに手すりが必要になるかもわかりません。
ただ、床は段差は無い方がいい場合がほどんどですから、段差は出来る限り解消してバリアフリー化しておくと間違いありません。これは、お年寄りだけではなく、小さい子供にとっても役に立ちます。また、家族だけではなく来客にとっても良い環境になります。

介護リフォームについて

色鉛筆

介護リフォームを考えたときに、介護をされる方の起き上がりからトイレなどの動線を考える必要があります。
介護をされる方が起き上がるときにつかむ手すりが頭の上についている場合があります。これは間違えです。人の生理的な動きを考えると私たちは立ち上がるときに、頭を下に下げるのです。だから立ち上がるときに必要な手すりは下の方になくてはならないのです。

介護リフォームをするときの手すりの位置一つで、その方の自立を助けます。下の方の手すりをつかむとどうしても頭が下がり腰が浮き上がります。
それを利用して車いすに乗ったり、ポータブルトイレに移動できたりするのです。

住宅のお風呂を使います
住宅の浴槽にリフトをつけたりなどの介護リフォームを考えておられる方もいらっしゃる用ですが、お風呂は、家庭用お風呂が安全なのです。

そしてお風呂の介護リフォームは一枚の板をお風呂に渡してあげるだけで、完了してしまいます。まず車いすで浴槽に横付けし、車いすからお風呂の上に渡した板の上に腰を下ろしてもらいます。そうしたら腰をまわして、足を浴槽につけていただく、そうしたらそのまま板の上から腰をお風呂のそこに落としてもらうのです。
お風呂では浮力があるので、この方法だと、女性一人でも、介助する事ができるのです。

バリアフリーになるために

キッチン

自宅でバリアフリーな生活を営むためには、人間の生理的な動きを知る事が大切です。つまり、自立を目指す本人もそれを介護者や家族も知り、介助する必要があります。

人間は寝ていても、首が動くと、それによって体がねじれて寝返りが打てます。これができる事により、寝たきりを防げ、しかも床ずれを防止する事ができます。
なので、寝返りが打ちにくい寝具などは、バリアフリーの妨げになってしまうのです。寝返りを打つためには、幅の広いベッドが必要になってきます。そして寝返りを打てるという事が起き上がりの動作につながっていきます。